久留米ベテルキリスト教会

kurumewithmap

久留米ベテルキリスト教会

1962年、米国ワシントン州シアトルのベテル・テンプルより派遣された、ジョージ・メアリィ・フレイジャーが来日しました。福岡県久留米市国分町にて、米軍のカマボコ兵舎払い下げを解体リホームして宣教活動が始まりました。

1969年に新会堂を建築し、1974年にフレイジャー師が牧会を退任され、代わって吉田有年師が牧師として就任しました。

2000年、久留米市上津町に教会を移築し、広々とした土地にのびのびと多くの子供たちが遊んでいます。

2007年には、工藤ゆかり師・大久保望師・吉田一誠師牧師が牧師となり、2010年に、吉田有年師が牧師を退任しました。現在は、3人の牧師を含め5人のスタッフがおり、日本人とフィリピン人が融合したユニークな教会です。

牧師:工藤ゆかり、吉田一誠、吉田望